読み込み中...

宇宙でピクニック

宇宙に関する話題が増えて来ている昨今、そのうち週末は、宇宙でディナーや宇宙でランチ、宇宙でピクニックなどが、当たり前のような時代が来るのであろうかと考えてしまいます。
宇宙食と言えば、チューブから、流動食として液体を吸い込むような時代は、遠い昔になりつつあるようで、最近は、宇宙飛行士が、持ちこむ食事メニューが注目を浴びていたりもします。
そのメニューは、バリエーションに富んだ物ばかりで、カレー、オニオンスープ、ラーメン、せんべい、羊羹、お好み焼き、お稲荷さんなど、宇宙食開発の進歩が目覚ましいものとなっています。
また宇宙食を販売するような、サイトなどの開設もみられるようになり、宇宙は、まだまだ遠い存在ですが、少しずつその距離を縮めているようにも感じています。

皆さんは、宇宙にもし旅行に行くとしたら、どんな地球の食べものを持っていきたいですか?
私は、好物のハムカツサンドやハムおにぎりなどが、無重力でも食べやすいのではないかと考えていますが、現在のところ、宇宙食としての認証を受ける為に、企業側が地上で市販されている食品の改良を試みたりもしているようです。
先日、親戚から大好物の「ハムの詰め合わせ」のギフトが届いたのですが、包装を開けてみると真空パックされている、ハムやチーズが箱詰めされていて、見た目だけでは、このまま宇宙へ行けるのではないかと思うほどなのですが、宇宙食日本食に認定されるには、様々な関門があるようです。
届いたばかりの「ハムの詰め合わせ」の封を開けて、ハムサンドでも作って、土星までピクニックに行こうなんて言える日が、近い将来、訪れるのでしょうか?考えるだけでもワクワクしますよね。