「漬けもの石」の役割を考えよう

皆さんは「漬けもの」をご家庭で作る際に、どうして漬けもの石を使用するかご存知ですか?漬けもの石は、どんな役目をしてくれているのでしょうか?そもそも、漬けものは、食べ物の少ない冬の前などに、食料を保存しておくための保存食であると考えられています。その為に、漬けものによっては、漬ける前に、野菜などを天日干ししたりしたものを使用する事があります。これは、野菜に含まれる水分を少なくするような役目を果たしていると考えられてもいるようです。野菜の持っている水分は、野菜を腐らせる微生物の住み家となってしまう事を防ぐ為でもあるようです。また、塩も微生物の繁殖を防いでくれる働きがあり、さらに漬けもの石を野菜の上から抑え込む事で、野菜の水分が絞り出され、さらに塩分の十分にきいた漬け汁を野菜に浸透させているようです。このようにして、野菜のもつ水分のコントロールをする事で、野菜の長期保存が可能となる訳なのです。漬けもの石は、野菜を保存する為に、とても重要な役割を果たしてくれているのです。野菜を長期保存する為に、漬けものやキムチ、ピクルスなどにする方法がありますが、お肉を長期保存するような方法に、ハムやソーセージ、ベーコンなどがあります。全て、美味しくて、皆さんの大好物なものばかりかもしれませんね。保存方法は、漬けもの同様、お肉に含まれている水分、この場合ですと、血を重石などで十分に抜ききって、そこから、塩をまぶしたり、塩水に浸したりしながら作られるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です